洗髪している男性

ホルモンの影響

髪を気にする女性

近年、テレビCMなどで良く耳にするようになったAGAとは、一体どのようなものなのでしょうか。AGAは、Androgenetic Alopeciaの略です。日本語訳すると、男性型脱毛症という意味になります。
成人〜中年男性に見られる薄毛の状態をAGAと言います。薄毛は様々なタイプが有ります。生え際の髪の毛が抜け落ちていき、額が徐々に後退していくというタイプや、頭頂部の髪の毛が抜け落ちて薄くなるというタイプのものです。
場合によっては、生え際と頭頂部両方の髪の毛が薄くなってくることもあります。薄毛の大きな原因として、遺伝が挙げられます。父親が薄毛の場合は薄毛になる確率が高まります。
それだけでなく、ホルモンも大きな影響を与えます。男性ホルモンによる影響で薄毛になってしまいます。女性よりも男性の薄毛が多いのは、男性ホルモンが薄毛の原因となるからです。

日本全国で1200万人もの成人男性がAGAの症状を発症しています。その中で薄毛をコンプレックスに感じている人数は800万人ほどとなり、非常に高い割合です。
発毛や育毛に取り組んだ人が600万人以上いており、それぞれ薄毛の対策に取り組んでいます。薄毛対策は、費用がかかる割に効果が薄いというものもあります。
育毛剤や増毛剤の中には、効果が薄いものがあります。費用をかけて自分の身体に合わないものを続けていると、お金の無駄になってしまいます。
病院でAGA治療を行なうことで、費用に見合った効果を得ることが出来ます。対費用効果の高い薄毛対策を行なうためにも病院での診察を受けましょう。